ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介

次世代認定マーク(くるみん)

HOME > 次世代認定マーク(くるみん)

次世代認定マーク(くるみんマーク)について

平和会は、次世代育成支援対策推進法第13条に基づく認定を奈良労働局から受け、次世代認定マークの使用が許可されました。これは厚生労働省が定めた以下の条件を満たしたことを意味します。

  1. 雇用環境の整備について、行動計画策定指針に照らし適切な行動計画を策定したこと。
  2. 行動計画の計画期間が、2年以上5年以下であること。
  3. 策定した行動計画を実施し、それに定めた目標を達成したこと。
  4. 3歳から小学校に入学するまでの子を持つ労働者を対象とする「育児休業の制度または勤務時間短縮等の措置に準ずる措置」※を講じていること。 
    ※ 勤務時間短縮等の措置とは、短時間勤務制度、フレックスタイム制、始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ、所定外労働をさせない制度、託児施設の設置運営その他これに準ずる便宜の供与の措置をいう。
  5. 計画期間内に、男性の育児休業等取得者がおり、かつ、女性の育児休業等取得率が70%以上だったこと。ただし、常時雇用する労働者数が300人以下である事業主は、○ 計画期間内に男性の育児休業等取得者がいなかった場合でも、計画期間開始前の3年以内のいずれかの日に、男性の育児休業等取得者がいればよい。○ 計画期間内の女性の育児休業等取得率が70%未満だった場合でも、計画期間とその開始前の一定期間(最長3年間)を合わせて計算したときに、女性の育児休業等取得率が70%以上となればよい。(例えば、3年遡ると取得率が70%に満たないが、2年であれば70%以上となるような場合は、2年分だけ遡って構わない。)
  6. 次の(1)~(3)のいずれかを実施していること。
     (1) 所定外労働の削減のための措置
     (2) 年次有給休暇の取得の促進のための措置
     (3) その他働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備のための措置
  7. 法及び法に基づく命令その他関係法令に違反する重大な事実がないこと。
平和会 吉田病院 平和会の事業所 交通の案内 社会医療法人とは 内科・外科・肛門科・眼科 地域緩和ケア 健診・保健予防 精神神経科 認知症 精神科スーパー救急 一般科外来 診療体制表 精神科外来 診療体制表 介護事業 医療関係の皆様へ 採用情報 医師 看護師 その他職種 内科後期研修 奈良民医連 研修医・医学生 精神科臨床研修 看護部奨学金制度 看護部twitter 吉田病院 看護部 医系学生のページ 日本医療機能評価認定病院 HPH 次世代認定メーク『くるみんマーク』の認定を受けました