ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介

吉田病院の医療

HOME > 吉田病院の医療 > 院長あいさつ

院長あいさつ

%e9%99%a2%e9%95%b7%e5%86%99%e7%9c%9f2m%e6%9c%aa%e6%ba%80   吉田病院 院長 宮野 栄三

 

 当院は1928年 医学博士吉田正一氏が、俸給者の極楽郷としてサラリーメンスユートピアを目指し、「あやめ池サナトリウム付属脳神経病療養所」として奈良県初の精神科病院としてスタートしました。1931年に「吉田病院」と名称を改め、その後、内科・外科・大腸肛門科・婦人科・眼科・整形外科を併設して「こころ」と「身体」を共に治療ができる病院として診療をして参りました。また、1953年には全日本民医連に加盟し、無差別・平等の医療を活動の礎として参りました。差額ベッド代は徴収せず、無料低額診療事業をおこなっております。「人に優しく」「暮らしや社会的背景を持つ、人としての患者」に向き合い、そして寄り添い「安全かつ信頼される医療・介護・ケアの力」を発揮することを目指しています。地域の人々や、健康友の会の人々と協働し「創造と進化」を続けられる病院となれるよう全職員で頑張ります。

 

「差額ベッドを頂かない」そのポリシー

 「医療の必要な国民が等しく医療を受ける事ができる」これは、日本国憲法で保障された権利です。お金のあるなしで、必要な医療が受けられない、制限されてはいけないと考えています。そのため、現在でも吉田病院では差額ベッド代を全く徴収していません。

 また2009年10月から無料低額診療事業に取り組んでおります。(無料低額診療とは、経済的理由のため診療が受けられない事がないよう、無料または低額な負担料で診療を受けて頂く事業です。)社会情勢が目まぐるしく変化する中で、様々な理由で生活が困窮し必要な医療が受けられなくなった方が無料低額診療の対象となります。病気になった時に安心して利用できる病院を目指し今後も継続して取り組んで参ります。

「これまでもこれからも」地域と共に

 吉田病院は地域の方により身近な医療機関でありたいと考えています。約1万人以上で組織されている「健康友の会」や地域の方々の協力・ご理解を頂いて、今後も皆様の声と共に病院運営を行ってまいります。「こころ」と「からだ」2つの機能を持つ当院では、社会的な課題となっています認知症の患者様にも、また地域社会への長期入院の方の復帰など、これから益々双方が協力・連携して取り組んでいかなければならないと考えます。