ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介

 

平和会地域緩和ケアサポートきずな

HOME > 地域緩和ケア>平和会地域緩和ケアサポートきずな

相談窓口:地域医療相談室  電話番号:0742-45-4601
場所:吉田病院の正面玄関から入り、受付カウンターに向かって左側に地域医療相談室があります。

緩和ケア外来の予約もこちらでご相談ください。

緩和ケアとは…

緩和ケアとは、治すことが難しい病気を抱える方とそのご家族に対して、痛みなどの苦しい症状、つらい気持ち、さまざまな社会的問題に対して、病気が診断された時から医療者が関わり、生活の質を改善するアプローチのことです。

平和会の地域緩和ケアとは…

平和会吉田病院が開院したのが1928年(昭和3年)の事でした。以来私たちは憲法で保障された健康で文化的な生活をする国民の権利を尊重し、地域の人々や友の会と協力して安心して暮らせるまちづくりを目指し、地域の皆さまに「私のための病院」と感じていただけるように80年以上医療・福祉に尽力してまいりました。
平和会は吉田病院はもとより、各診療所・訪問看護ステーション・支援センターは、この長い歴史の中で地域のたくさんの方々の人生に寄り添ってきました。その根底には医療者としての揺るがない想いがあります。それは「病気になっても、住み慣れたこの地域で、自分らしく生ききることを支えたい」という想いです。
病院で最期を迎えるのが当たり前になったのは近年になってからです。国の医療制度の流れで長く入院できなくなり、病院も選べなくなったのはさらに最近の流れです。私たちは「自宅で亡くなるのが当たり前」だった時代から「病院で亡くなるのが当たり前」の時代になってからも変わらず、自宅でも病院でもより良い最期を迎えられるように今を生きる皆さまのお手伝いをしてきました。
そしてまた「病院から自宅へ」の流れの中、私たちはこれまで以上に地域の皆さまと共に人生を歩めるように開院当時より培ってきた技術や想いを、地域緩和ケアという形で提供いたします。この地域でよりよく生ききることのお手伝いをさせてください。

1.ご相談いただくタイミングは…

緩和ケアと聞けば「終末期医療」「ターミナルケア」と考えてしまうかもしれません。しかし、緩和ケアを受けていただくタイミングはそれだけではありません。例えばがんなら診断された時。他の疾患でも、ご本人ご家族が今後の療養について心配になったときにご相談ください。

2.たくさんの専門家がサポートします

医師や看護師だけでなく、介護保険についてはケアマネージャーがいます。介護については訪問介護士がいます。お薬についての相談は薬剤師がいます。社会制度や経済・生活面のお困りごとはソーシャルワーカーがいます。この様に様々な専門家が一丸となってあなたの療養や生活をサポートします。

3.いかなる疾患にも緩和ケアを

「緩和ケア」は特定の病気だけの為にあるのではありません。様々な持病を抱え、その病気に伴う苦痛や社会的苦痛を可能な限り緩和しようというのが緩和ケアです。どのような病名であっても皆様等しく緩和ケアを受ける事ができます。お気軽にご相談ください。

吉田病院

詳しい検査が必要になる場合や、ご自宅で過ごすには難しい病状の時に入院しながらつらい症状を取り除く治療をします

緩和ケア外来

吉田病院にて緩和ケア外来を行っております。他の病院で通院治療中の方も受診いただけます。つらい症状を和らげる治療やその他のお困りごとに対するサポートを行っております。
毎週水曜日午後2時~5時(予約制)。※これ以外の時間でも対応可能です。予約は地域医療相談室へお問い合わせください。
担当医師:加納 麻子
20140801naranto 診察風景写真

診療所

診療所から訪問診療(往診)をさせていただき、出来る限りご自宅で療養できるようサポートします。自宅へ医師が訪問し、診察を行います。経過を把握し、お薬の処方や、適宜検査も行います。往診日は毎月スケジュールを組みますが、体調の変化はいつ起こるかわかりません。そのような場合や往診の対応についての詳細は各診療所又は地域医療相談室へお気軽にお問い合わせください。

訪問看護

ご自宅でつらくなく過ごされているか、定期的に訪問し、体調確認させていただきます。また、病状が変化した時や不安な症状が出現したときなども連絡いただけるよう24時間体制でサポートします(ご契約時の内容によって対応しかねる場合がございます)。体調チェックのほか介護では出来ない医療行為などの医療面でのお手伝いを行います。お伺いする回数は患者様の状態やご病気の時期によって様々です。使う保険も介護保険と医療保険と2種類ありますので、まずはお気軽に各訪問看護ステーション、または地域医療相談室へお問い合わせください。

訪問介護

ご自宅でご自身やご家族では困難な日常生活の様々な事を、介護士(ヘルパー)がご自宅へ伺いお手伝いします。お伺いするには介護保険が必要です(民間のサービスを使われる場合はこの限りではありません)。お買い物からお掃除・お料理・排泄や入浴の事など様々なお手伝いができます。訪問する回数も人により様々で、毎月スケジュールを立てますので、ご希望の場合は担当のケアマネージャー、または各訪問介護事業所か地域医療相談室までお気軽にお問い合わせください。

ケアマネジャー

介護保険を使って介護サービスを使用されるとき、どのようなサービスが適切で、どの事業所がご本人さんにはぴったりで、保険が利く範囲内でどれだけのサービスが使えるのかなど相談に乗ってくれたり毎月のスケジュール(ケアプラン)の作成や各事業所との連絡役をしてくれます。介護全般の相談に乗る役割を担います。吉田病院にも各診療所にも支援センターと呼ばれるケアマネージャーの事務所があります。詳しくは各支援センター、または地域医療相談室までお気軽にお問い合わせください。

ソーシャルワーカー

病気になったり介護が必要になったりすると、今までの生活とは変わります。今までなかったお困りごとが出てくるかもしれません。どのようなお困りごとにも相談に乗り、解決方法を一緒に模索します。社会制度やその他の困りごとを解決するツール(社会資源)を困りごとの解決につなげます。お困りごとがありましたら些細な事でもいつでもお気軽に地域医療相談室までご相談ください。

薬剤師

お薬についての相談を受け、医師との調整を行います。ご自宅に薬剤師が訪問し、お薬を内服しやすく整理等する、訪問薬剤指導もご利用できます。

がん患者サロンきずな

がんを経験された方が、病気のことやくらしのことも含めて気軽に語り合う交流の場のことです。療養生活に関する体験を聴く、自身の悩みや問題を語る等、対話を通してがん患者や家族の皆さんの不安を緩和したり、よりよく過ごすためのきっかけを見つけることができます。
毎月第4火曜日13:30~15:30きずなルームで開催しています。
※開催されない月もありますので事前にお問い合わせください。

 

kizuna_logo-1

平和会 吉田病院 平和会の事業所 交通の案内 社会医療法人とは 内科・外科・肛門科・眼科 地域緩和ケア 健診・保健予防 精神神経科 認知症 精神科スーパー救急 一般科外来 診療体制表 精神科外来 診療体制表 介護事業 医療関係の皆様へ 採用情報 医師 看護師 その他職種 内科後期研修 奈良民医連 研修医・医学生 精神科臨床研修 看護部奨学金制度 看護部twitter 吉田病院 看護部 医系学生のページ 日本医療機能評価認定病院 HPH 次世代認定メーク『くるみんマーク』の認定を受けました