ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介

認知症

HOME > 認知症

 

 

吉田病院では、これまでも認知症の患者さんを「一般科で診られる範囲」や「精神科に紹介する事が困難な場合」などは一般科で、「精神科でしか診られない症状」や「精神科での診療を希望される場合」などは精神神経科で対応してきており、両チームが連携して診療を行ってきました。
また吉田病院では、認知症のあるなしに係らず、患者本人の意思を尊重し、「住み慣れた地域で暮らし続けていただく」ことができるよう、支援していきたいと考えています。

 

 

認知症の診療ご依頼について

認知症の方の診療依頼の多くは、主に診断・治療方針・治療の評価やBPSD等の精神科治療と

身体合併症の治療の二つで、精神科外来や地域連携室に連絡が入ります。

地域連携相談室では「物忘れ外来」を予約したり、精神科外来に引き継ぎます。精神科外来では、

診察予約の上、診察で外来か入院の方針を決め、入院の場合はPSW担当を配置します。

まずは、ご連絡ください。

 

認知症もの忘れ受診連携シート

介護関係者のみなさまへ
「認知症もの忘れ受診連携シート」について

 

当院では、認知症になっても認知症の人やその家族が住み慣れた地域で安心して在宅生活を送る

ためには、早期診断・早期対応や、認知症の容態の変化に応じて、医療と介護の円滑な情報提供と

依頼がスムーズに行える連携が重要と考えております。
そこで、奈良市地域包括支援センターに在籍している認知症地域支援推進員等と会議を重ね、

認知症において医療・介護関係者が必要な情報を持って、より良い支援と理解を深めていけるよう

「認知症もの忘れ受診連携シート」を作成いたしました。
認知症疾患医療センターへの受診をスムーズにするために、このシートを利用していただければと

考えております。
地域包括支援センター及び介護支援専門員等の関係者の方は、下記より

「認知症もの忘れ受診連携シート」をダウンロードしてご利用ください。

 

認知症受診連携シート(表)

認知症受診連携シート(表)PDF

認知症受診連携シート(裏)

認知症受診連携シート(裏)PDF

認知症受診連携シート_記入方法(表)

認知症受診連携シート_記入方法(裏)

 

認知症疾患医療センターとは

認知症に関する様々なご相談をお受けし、ご相談の内容に応じて診察のご案内、

医療機関・介護事業所等の紹介や連携を図り、ご本人様やご家族様が地域で安心して暮らせるよう支援します。

また認知症に関する知識を深め、より充実した支援が行えるよう、地域の方々、医療機関、

介護事業所等を対象に研修会を開催します。

※吉田病院は2014年7月10日付けで、奈良県より認知症疾患医療センターの指定を受けました。

 

具体的な役割

●専門医療相談

認知症に関するご心配事・お困りごとの相談を、専門のソーシャルワーカーがお受けします。相談内容から受診のご案内や、医療機関・介護事業所等の紹介、連携等を行い、支援をさせて頂きます。

 

●鑑別診断

診察・CT検査等を行い、認知症かどうかの判断、認知症の種類やその進行度の判断をし、患者様の症状に応じて治療方針のご案内をします。

 

●身体合併症や行動・心理症状 (BPSD)の急性期治療

身体合併症、行動・心理症状(BPSD)の診断や、入院を含めた治療等を行います。

 

●研修会等の開催

地域の方々、医療機関、介護事業者等を対象とした研修会を開催いたします。

 

認知症に関するご心配事・お困りごとがありましたら、以下の電話番号にご連絡ください。

 

相談専用電話:0742-45-6599

FAX:0742-45-6696

受付時間:月~金 9:00~17:00

(祝祭日を除きます)

 

 

「奈良市認知症ネットワーク」 運用について

当院は「奈良市認知症ネットワーク」に参加をしております。

地域の医療機関の皆様におかれましては、運用にあたり以下のパス等をご利用ください

ご協力をお願いいたします。

 

 

<下記様式をダウンロードしてご使用下さい。>

 

・ ■運用マニュアル PDF

 

・ ★ネットワーク診断病院リスト 2014.7

 

・ ☆診療情報提供書(治療報告用)2014.7(PDF)

・ ☆診療情報提供書(治療報告用)2014.7

 

・ ○診療情報提供書(診断依頼用)2014.7(PDF)

・ ○診療情報提供書(診断依頼用)2014.7

 

・ ●患者さま用パス 2014.7(PDF)

 

物忘れ外来

現在当院で一般科の治療を受けて患者さんや、自宅近くの医療機関に受診している患者さんで、自分で物忘れが多くなった、認知症かもしれない、などと心配している方を正しく診断して今後の方針を提案します。治療が必要な場合はその方針を現在の主治医に提案したいと思います。診察は内科外来で行っていますが、当院で継続して治療をご希望の場合は精神神経科外来で継続します。また。既に診断が付いた認知症の治療を目的に当院を受診する場合も精神神経科外来を受診していただきます。

精神神経科外来

あらゆる精神障害の治療を行っています。もちろん他の精神障害と同じく、認知症も当院で継続して診療を巣付ける事が可能です。必要に応じて入院したり、重度認知症デイケアを利用して認知症治療を継続して行います。

D病棟

高齢者・認知症の患者さんを治療する60床の専用入院病棟です。特に認知症の人に見られる心理行動障害の治療が中心となりますが、一般科が対応可能な身体合併症の治療をも行います。

重度認知症ディケア 和(なごみ)

認知症と診断された方が日中の活動を通してのリハビリで、認知症の進行予防に努めることを目的としています。

■ 対象者

      認知症と診断された人

      日常生活動作が出来る人

      室内歩行可能な人(杖使用可。車椅子不可)

      一日家で過ごす事が多く、人との交流で脳への刺激を求めている人

■ 活動日

月曜日~金曜日(祝日を除く)

 

■サービス

入浴サービスはありません。

送迎はサービス有(範囲については要相談)

一日体験利用(無料)

※見学・体験は要予約です。いつでもお問い合わせください。

 

 

■ 一日の流れ
08:30~ 送迎開始(基本はご自宅まで送迎に行きます。)
09:30~ ディケア開始・バイタル測定
10:00~ 朝の集い
・日付の確認や「今日は何の日」「旬の食べ物を紹介」
10:45~ プログラム活動
11:45~ 嚥下体操
12:00~ 昼食・歯磨き・休憩
13:30~ プログラム活動
15:00~ 茶話会・帰りの集い(一日をふり返ります。)
15:30~ ディケア終了・送迎開始
■ 年間行事

1月 初詣、書初め、とんど焼き 2月 節分 3月 ひな祭り、観梅 4月 花見 5月 春遠足 6月 ゲーム大会

7月 七夕祭り8月 夏祭り 9月 敬老会 10月 秋遠足、焼きいも大会 11月 紅葉狩り 12月 クリスマス会、忘年会
※月毎に誕生日紹介

内容

認知症予防体操「スリーA」(記憶の継続訓練ゲーム)を中心とした脳のトレーニングメニュー

その他、季節感を感じられるように・・・

梅干しつけ    ※日頃の昼食で時々食べます。

 

 

らっきょう漬け    らっきょうの皮をむく作業もメンバーと一緒にします。

 

季節の感じる行事    (例:七夕)

 

 

屋上での活動(ラジオ体操など)

園芸

 

夏祭り

紅白の棒の作り方をメンバーさんに教えてもらい、一緒に新聞紙を使ってやぐらを作ります。

文化祭のように準備からお祭りまで一緒に楽しみます。

 

料理 みたらし団子(一例)      だんごもタレも手作りです。

 

敬老表彰 (←例)

お一人ずつ、敬老の日の近くに表彰状を送らせてもらっています。

 

その他、カラオケ等

 

家族交流会≪年2回≫

家族同士の交流だけでなく、担当医の話を少人数で聞くことが可能

 

家族面談【必要時・希望に合わせて相談に応じます】

 

■ スタッフ体制

医師・看護師・作業療法士・ケアワーカー・精神保健福祉士

■ 費用

医療保険適用です。
一割負担の方は一回につき1,160円 (早期加算含む)
三割負担の方は一回につき3,480円 (早期加算含む)
自立支援医療を適用の場合は、一回につき1,110円で支払いの上限額が設定されます。
※自立支援医療についての詳細は頁下部を御覧下さい。
※介護保険適用の施設ではありません。
診断の有無に関わらずお気軽にご相談下さい。
問い合わせは、吉田病院(0742-45-4601)に電話していただき、「和(なごみ)ディケア」とお伝え下さい。

■ 自立支援医療について

◆基本は1割負担です。
◆世帯の所得水準などに応じてひと月あたりの上限額が設定されます。

所得区分 自己負担上限月額 重度かつ継続の場合
 一定所得以下 生活保護世帯 0円(負担なし) 同左
重度かつ継続の認定は必要なし
市町村民税非課税世帯
本人収入≦80万円
負担上限月額(2,500円)
市町村民税非課税世帯
本人収入>80万円
負担上限月額(5,000円)
中間所得層 市町村民税(所得税)
3万3千円未満
医療費の一割負担 負担上限金額
(5,000円)
 市町村民税(所得税)
23万5千円未満
医療費の一割負担 負担上限金額
(10,000円)
 一定所得以上  市町村民税(所得税)
23万5千円未満
自立支援医療の対象外
(医療保険の自己負担分)
負担上限金額
(20,000円)

◆負担軽減策があります。
①低所得世帯の方
②継続的に相当額の医療負担が生じる人
(※高額治療継続者<いわゆる「重度かつ継続」者>のこと)

平和会 吉田病院 平和会の事業所 交通の案内 社会医療法人とは 内科・外科・肛門科・眼科 地域緩和ケア 健診・保健予防 精神神経科 認知症 精神科スーパー救急 一般科外来 診療体制表 精神科外来 診療体制表 介護事業 医療関係の皆様へ 採用情報 医師 看護師 その他職種 内科後期研修 奈良民医連 研修医・医学生 精神科臨床研修 看護部奨学金制度 看護部twitter 吉田病院 看護部 医系学生のページ 日本医療機能評価認定病院 HPH 次世代認定メーク『くるみんマーク』の認定を受けました