ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介
地域健康づくり
HOME > 地域健康づくり

地域健康づくりブログ




せっかく歩くのなら、おでかけ健康法(メッツ健康法)

中之条研究が明らかにした、18000歩・うち速歩き20分があらゆる病気をふせぐ


奈良県ホームページより


健康づくりといえば、まずウォーキングを思い浮かべます。
何もしないよりはましと思われがちですが、漫然と歩いていてはダメ! 逆に運動はしすぎてもリスクがある。あらゆる病気の予防には、18000歩・うち速歩き20分の歩行がよい。

これをメッツ健康法と名付け提唱しているのが、東京都健康長寿医療センター研究所の青栁幸利博士です。

先生が、群馬県中之条町において18年にわたり65歳以上の住民5000人の協力で行ってきた研究の結果、1日の「歩数」と「中強度の活動時間」が少なくなるほど、各病気の有病率が高くなることが明らかになりました。これが元となり、中強度の身体活動を日常的に管理することで、さまざまな病気の予防が可能とするのがメッツ健康法です(冒頭の表参照 METsとは?、中強度は年齢により異なってくる、など詳しくは添付ファイル参照)

エビデンスがあって無理なく、今運動をしていない人は4000歩からはじめ、1000歩ずつふやしていくという具合に、目標も明確で立てやすく感じます。これは大いに普及する価値があるのではないでしょうか。

要は中強度になりますが、今では中強度の身体活動あるいはMETsが測れる歩数計(活動量計)も各種市販され、価格も手頃なものができてきています。

スマホにも歩数計が備わるご時勢ですから、中強度が測れる活動量計を用いて、より科学的で安全と思える歩行をすすめているメッツ健康法は、ポピュレーションアプローチとしてもかなり有望に感じられます。

すでに、奈良県は平成26年より「おでかけ健康法」の名前で、活動量計の貸し出し、あるいは無償貸与でとりくみをすすめており、一定の成果もあげて、全国から注目もされています。
身近な薬局でとりくんでいるところも見られます。

せっかく歩くなら、あらゆる病気(11疾病、病態)が予防できるメッツ健康法! 全国民がとりくめば、結果医療費抑制にも大いに貢献できるのではないでしょうか。

メッツ健康法、おでかけ健康法を大いに広げたいものです。

みなさんは、どうお思いでしょう。ご意見などいただけると幸いです。

関心をお持ちの方、もう少し知りたいという方は、インターネットで検索するか、平和会職員、健康友の会会員向けに作成した紹介記事がありますので、そちらを下記のリンクからご覧ください。
記事は、いろいろ調べ、聞き知ったことをまとめたものですが、勉強不足により、認識の不正確なところや表現に不適切があるかもしれません。ご容赦ください。

(井上)

●メッツ健康法の紹介 (順次公開)
  シリーズ①~④ 既公開
  シリーズ⑤~⑧ 未公開

今年も「気軽に 健康チャレンジ」

平和会健康友の会

気軽に健康チャレンジ募集ビラ

平和会健康友の会では、好評の「気軽に 健康チャレンジ」の時期を迎えました。今年で8回目。

友の会会員世帯を対象に、9月から11月までのうち8週間をチャレンジ期間として健康づくりに挑戦し、目標が達成できれば達成賞として500円の図書券がもらえ(世帯で1つ)、もし達成ができなくても記録用紙を提出すればもれなく参加賞がもらえるというもの。

チャレンジメニューは①体重計のるだけ(ダイエット)②ウォーキング熊本編(地図上で熊本巡り)③歯っぴー歯みがき④いきいき元気体操⑤自由チャレンジ(自分に合った目標を決めれます)の5つ。

地図上に歩いた跡を塗っていくことですっかりその気になれると人気のウォーキングは、今年は震災から少しずつ姿かたちを取り戻しつつある熊本に思いをはせて歩いて見ようと呼びかけています。自分で目標が決められたり、目標の70%相当(ウオーキングは75%相当)が達成の目安となっていて、楽しく気軽にチャレンジできるのはうれしいですね。

過去には「これで禁煙できました」という方もおられます。あなたもチャレンジしてみませんか。ただし、友の会会員・家族であることが条件です。平和会健康友の会についてお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

(井上)
奈良市在宅医療・介護連携支援センター開設記念研修会

松田誠氏が講演


奈良市在宅医療・介護連携支援センターのFacebookより
2018年7月25日(水)、奈良市医師会館にて「奈良市在宅医療・介護連携支援センター開設記念研修会」が開催されました。

「奈良市在宅医療・介護連携支援センター」は、今年4月1日より奈良市医師会が奈良市の受託事業として開設したもの。同センターは、医療と介護の両方を必要とする高齢者等が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けられるよう、地域における保健、医療、介護及び福祉に関する関係者相互間の在宅医療及び介護に対する理解を深めるとともに、地域に住む人々への支援を行う上での課題を解決するため、円滑な連携体制整備の推進を目的としています。

この日の研修会では、市長、市医師会長の挨拶の後、基調講演、事業説明が行われ、終了後に希望者のセンター見学がおこなわれました。基調講演は2つ。安井敦史氏(株式会社UTケアシステム作業療法士)が「地域包括ケアシステムにおける自立支援型サービスの視点」を、松田誠健康運動指導士(社会医療法人地域健康づくりプロジェクトチーム)が、「地域の健康づくりについて」をテーマに講演しました。

松田氏は、「最後まで在宅で暮らせる体づくり」を強調し、在宅療養の限界を上げるもう一方のとりくみとして、奈良県のすすめる「おでかけ健康法」などにふれながら、「じきんじゅば運動」の考え方の必要や、それにもとづく私たちの健康運動教室とりくみの意義、エビデンスなどを地域の声や学術的評価、国の評価をもとに明らかにし、地域における健康づくりとしてのとりくみの今後の課題と可能性を語りました。

松田氏のプレゼンテーションはこちらです(PDF)。
は「奈良市在宅医療・介護連携支援センター」の業務内容紹介ビラから。

(井上)










奈良民医連医療介護活動学習交流集会でとりくみ報告

各報告に職場・病院あげたとりくみの意気込み感じる





421日に開催された奈良民医連医療介護活動学習交流集会にて、平和会からもとりくみの報告をおこないした。森駿志平和会組織課長による報告「『健康運動教室』の取組と展望」の内容はこちらGoogleドライブ)にアップしましたのでお知らせします。

当日の学習交流集会では、日本HPH ネットワークの船越光彦先生(福岡医療団理事長)が「健康格差とヘルスプロモーション」と題して講演くださり、とりくみの意義や課題を詳しく、かつわかりやすく話していただき、HPH(ヘルスプロモーティングホスピタル&ヘルスサービス)への認識を深めるのに大いに役立ちました。

そればかりか、「HPH評価介入シート」や「健康の決定要因のカルテ記載」をはじめとした進んだ取り組み事例の紹介を聞き、これらの例ではきめ細かく多面的で、「全ての場面にヘルスプロモーションを」ととりくみが進められていること、わたしたち吉田病院のとりくみはまだまだこれからと思い知らされた気がします。

奈良民医連傘下の各法人のとりくみは、まだ緒についたところかもしれませんが、当日の集会で行われた他法人の活動報告では、「カイゼン活動、キラリハット報告」や「SDHアンケート・問診」、「ボランテア活動を通じた地域づくり」など、いずれも職場、病院をあげてでないとできないとりくみがすすめられていることに、各法人の意気込みが感じられ、敬服したしだいです。

平和会吉田病院からも「『健康運動教室』の取組と展望」と題する報告により、「健康的な都市づくりに向けて医療・福祉現場からの対案を」と積極的な問題提起を行うことができました。

こうした学習交流会を企画し、運営してくださった皆様にも感謝いたします。

(井上)
J‐HPHに吉田病院の取り組みが掲載されました

日本HPHネットワークのホームページ


日本HPHネットワークのホームページの「加盟事業所の取り組み」に、社会医療法人平和会吉田病院のヘルスプロモーションの取り組みが掲載されました。


HPHとは、Health Promoting Hospitals & Health Servicesの略。ヘルスプロモーションは、「人々が自らの健康をコントロールし、改善することができるようにするプロセスである」とWHO(世界保健機関)が1986年に採択したオタワ憲章で定義された概念であり、これにもとづき、ヘルスプロモーションを地域で実践する病院であるHPHを世界に広げようと、1990年に国際ネットワークが発足しました。


日本では、日本病院会や全国自治体病院協議会などが発起人となり、「患者・職員・地域住民の健康水準の向上をめざし、住民や地域社会・企業・NPO・自治体等とともに健康なまちづくり、幸福(Well-being)・公平(Fairness)・公正(Equity)な社会の実現に貢献することをめざす(健康水準の向上と幸福・公平・公正な社会)。」(会則より)ことを目的に、日本HPHネットワークが2015年10月に結成されました。


吉田病院は日本のネットワークが結成される前の2013年に、日本で12番目のHPH加盟病院となっていました。今回の「加盟事業所の取り組み」では、この間の健康運動教室の取り組みの紹介が
もっぱらとなっています。


HPHについてや「加盟事業所の取り組み」はこちらをご覧ください。










アワード受賞を契機に、健康づくり運動のあらたな展開を

- ブログをはじめます -


↑「第6回健康寿命をのばそう!アワード」受賞式(1113日)には松田誠健康運動指導士が出席しました。
WHOのすすめるHPH(ヘルスプロモーティングホスピタル)の理念の具現化のひとつとして、平和会でとりくんできた「友の会健康運動教室」が、2017年度の厚生労働省スマートライフプロジェクト「第6回健康寿命をのばそう!アワード」優良賞を受賞しました。


「スマート・ライフ・プロジェクト」は、「健康寿命をのばそう!」をスローガンに人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした国民運動をかかげるとりくみです。

平成24年度よりスマート・ライフ・プロジェクトの一環として、生活習慣病予防の啓発活動の奨励・普及を図ることを目的とした表彰制度が設けられました。これが「健康寿命をのばそう!アワード《生活習慣病分野》」です。

6回目を迎えた2017年度は、計70件の応募があり、優れたとりくみとして厚生労働大臣最優秀賞1件、企業、団体、自治体の部門ごとに同優秀賞が各1件、各5件内とされる健康局長優良賞については企業部門4件、団体部門3件(←平和会はここ)、自治体部門5件、保険局長優良賞が2件の受賞となりました。

審査では、スマート・ライフ・プロジェクトの趣旨に合致、科学的な根拠があることが重視されるとともに、啓発効果、独創性、他団体の参考となるヒント、革新性、提案製、先進性、新規性、普及性、費用対効果、計画性なども評価のポイントとなっています。

「楽しい、近い、廉価、安全、効果があり、”人持ち”になれる医療法人の健康運動教室」のタイトルで受賞した平和会の健康運動教室は、医療機関としてHPHの趣旨に則った実践にとりくんでいること、運動の成果を科学的に検証していることなどが評価されたものとみられます。

今後の健康運動教室のとりくみについては、地域住民自身のなかに健康運動の指導者を養成し、この人たちに依拠したとりくみを広げていく、そのために必要となる援助を専門家から得られる状況をつくりだしていくことが不可欠と考えています。今回の受賞が、HPH活動の一層の促進、健康運動教室の情勢にふさわしいあらたなとりくみの発展への、きっかけとなれば幸いと思っています。

その第1歩として、ブログをはじめることになりました。平和会での健康づくりのとりくみの紹介とご案内、健康情報の共有や交流の場となることを願っています。

社会医療法人平和会組織課


●厚生労働省
●平和会
 応募文書・同要約・付属資料集
●受賞報告会(インフルエンザの流行で中止になりましたので予定していた報告を掲載します)
 各報告







地域健康づくりブログをもっと読む

地域健康づくりについて

社会医療法人平和会吉田病院では、民医連病院として無差別平等をかかげ、長年働く者の立場に立った医療をこころがけてきました。また、社会保障の充実をめざすとりくみを瞳のように大切にし、友の会会員の皆様や地域住民の皆様と一緒になって地域からの健康づくりにもとりくんでまいりました。

吉田病院のこうしたとりくみは、WHO(世界保健機関)のすすめるHPH(ヘルスプロモーティングホスピタル=健康増進活動拠点病院)の理念とも合致し、日本で12番目の加盟病院となり、WHOのSDH(健康の社会的決定要因)の観点で、健康実現のハードルを少しでも押し下げたいなど、日々実践に努めているところです。

これらのとりくみのひとつである健康運動教室が、2017年に賞を受賞したことを機会に、私ども病院によるHPHのとりくみの一層の広がりや、地域からの健康づくりのとりくみの発展を願い、このページ(地域健康づくりのページ)を設けることにいたしました。健康運動教室をはじめ健康友の会の皆様と共にすすめているとりくみやイベントの紹介、ご案内、健康情報の共有、あるいは交流の場となれば幸いです。

厚生労働省スマート・ライフ・プロジェクト 健康寿命をのばそう!AWARD

平和会の健康運動教室のとりくみは「厚生労働省スマート・ライフ・プロジェクト第6回健康寿命をのばそう!アワード」(2017年)で優良賞を受賞しています。

平和会 吉田病院 平和会の事業所 交通の案内 社会医療法人とは 内科・外科・肛門科・眼科 地域緩和ケア 健診・保健予防 精神神経科 認知症 精神科スーパー救急 一般科外来 診療体制表 精神科外来 診療体制表 介護事業 医療関係の皆様へ 採用情報 医師 看護師 その他職種 内科後期研修 奈良民医連 研修医・医学生 精神科臨床研修 看護部奨学金制度 看護部twitter 吉田病院 看護部 医系学生のページ 日本医療機能評価認定病院 HPH 次世代認定メーク『くるみんマーク』の認定を受けました