ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介
内科・外科・肛門科・眼科
診療科紹介  内科  外科  肛門科 眼科

肛門科

大腸肛門科 外来診療案内 ※診察は基本的に予約制です
  受付時間
午前診療 8:30〜11:45 大腸肛門科 (予約制)

内痔核

症状

脱肛、出血のいずれか、もしくは両方をみることがあります。

治療

症状に合わせて薬物療法、輪ゴム結紮療法、ジオン硬化療法、痔核切除術を選択します。

薬物療法 軟膏や便通をコントロールする内服薬によって症状の緩和を図ります。
輪ゴム結紮療法 痔核を輪ゴムで縛ります。2週間前後で輪ゴムと一緒に痔核が脱落し縮小します。(外来で可能)
ジオン硬化療法 痔核に薬剤を注入し、硬化・縮小を図ります。(1泊~2泊の入院が必要です。)
痔核切除術 腰椎麻酔下に痔核切除を行います。(3日~1週間の入院が必要です。)

血栓性外痔核

症状

急な肛門の縁の腫れ、痛み。出血を伴うこともあります。

治療

症状に合わせて薬物療法、外科的処置を選択します。

薬物療法 症状にあわせて軟膏や鎮痛剤を用います。
外科的処置 痛みがひどい場合は局所麻酔下に血栓(血まめ)を除去します。

裂肛

症状

排便時の痛み、出血。慢性化すると肛門が狭くなり、排便困難になることがあります。

治療

症状に合わせて薬物療法、手術療法を選択します。

薬物療法 軟膏、鎮痛剤、肛門の緊張をほぐす軟膏などを用います。便の硬い方は便を軟らかくする内服薬をお勧めします。
手術療法 慢性裂肛で肛門狭窄を伴う場合は肛門拡張術(内肛門括約筋部分切除術、皮膚弁移動術)が必要なことがあります。

肛門周囲膿瘍・痔瘻

症状

肛門痛、肛門近傍の熱感・腫脹、排膿。30~50歳代の男性に多いとされます。

治療

肛門腺から入ってきた細菌が肛門周囲に感染巣を形成し、膿瘍を作ったものを肛門周囲膿瘍といいます。また、肛門周囲潰瘍が排膿されて瘻孔を形成したものを痔瘻といいます。肛門周囲膿瘍は切開排膿のみで治癒できるものもありますが、痔瘻は原則的に根治手術※が必要です。

※開放術式(lay open):最も基本的な術式で再発が少ない。ただし肛門括約筋を切開するため、部位によっては変形や便漏れを起こしやすく、後方の浅い痔瘻以外には用いにくい。
括約筋温存術式(coring out):瘻管をくり抜き、肛門括約筋の切開を最小限に留める術式。ただし開放術式に比べ、再発率が高い。