ホーム診療体制表医療関係の皆様へ吉田病院の医療病院のご紹介

社会医療法人とは

HOME > 社会医療法人とは

社会医療法人とは

2013年10月1日をもって平和会は「社会医療法人」として認定されました。社会医療法人とは、これまで自治体立病院などが担ってきた、救急医療や災害医療など「公益性の高い医療サービス」を民間の医療法人も担うことで、地域の医療の質をいっそう向上させていくことを目的とし公益的医療と公的運営の要件を満たすことが前提となります。医療の非営利性・公共性という点、及びそのことを担う事業に対して、税制上の優遇措置など、一定の経済的配慮が施されたという点で画期的な制度といえます。

当会は、1928年吉田病院の開設に始まり、1952年に財団法人格を取得、その後社団法人に改組し今日に至ります。創立者 吉田正一医師は、当時の閉鎖的な精神医療に対し開放医療の理想を掲げました。その先駆性の上に今日の吉田病院精神科があります。

その後創立者の意を引き継いだ青木康次理事長の功績も目を見張るものがありました。戦後の荒廃の中、医療にめぐまれないものへの診療を使命とし、無医村地区への移動診療や診療所の設立など、顕著な活動の記録が残されています。多くを語るまでもなく今日、無差別平等の医療を謳う民医連綱領を掲げる吉田病院が存在していることが何よりの証といえます。このことからも平和会の歴史は、極めて社会的使命感に満ちたものであったものといえます。

この度の社会医療法人認定を大きな節目とし、今後とも先人の掲げた理想を受け継ぎ、非営利・協同の事業体として生命力をいかんなく発揮し、無差別平等の医療・介護活動をますます強めていくよう精進して参ります。

社会医療法人平和会常務理事 中西 隆応
(へいわと健康 第62号 抜粋)

平和会 吉田病院 平和会の事業所 交通の案内 社会医療法人とは 内科・外科・肛門科・眼科 地域緩和ケア 健診・保健予防 精神神経科 認知症 精神科スーパー救急 一般科外来 診療体制表 精神科外来 診療体制表 介護事業 医療関係の皆様へ 採用情報 医師 看護師 その他職種 内科後期研修 奈良民医連 研修医・医学生 精神科臨床研修 看護部奨学金制度 看護部twitter 吉田病院 看護部 医系学生のページ 日本医療機能評価認定病院 HPH 次世代認定メーク『くるみんマーク』の認定を受けました